仕事の悩み

MENU

仕事の悩み体験

最近は本当に仕事では苦労しています。30代前半で正社員を退職した後は殆ど派遣社員や業務請負形態の仕事を行っています。

 

しかも大量募集・単調業務。要は誰でも出来るような仕事にしか就けなくなっています。

 

さすがに40を超えてしまった現在はそれさえも就くのが難しい状況になっています。

 

今は派遣やパートに関しては女性が圧倒的に有利ですね。

 

企業側は一応男女機会均等のルールがあるので広く門戸を広げているようですが、無料の求人雑誌でに掲載されている写真は殆どが女性従業員です。

 

しかも「女性 を積極的に採用する企業」など特集が組まれるのも女性のみ。「男性を積極的に採用する企業」特集など殆ど見かけません。



その中でアップステージなど男性専門の高収入求人サイトは貴重な存在です。

 

今の日本では大手企業でさえもリストラを行 っているような状況なので仕方がないとは思います。

 

これから税金が上がり、社会保険料が上がり、物価が上がったりすると私を含め低賃金で仕事をしているのは難しくな ってくる気がします。

 

仕事の悩みに関しては私自身の原因が大きいのでしょうが、その他に社会情勢の影響も無視できないと思います。

 

早く普通に安心して暮らせるよな社会 になってほしいものです。



仕事の悩みを解消する一番は安定した仕事に就く事です。

 

今では公務員が最も安定していて、65歳の定年退職まで安心して働く事ができます。次に安心なのが大企業です。

 

業績が悪くなる会社も有る一方、東証一部上場企業の多くが健全な経営を続けていて、この大変な時期でもコンスタントに利益を計上しています。

 

大企業ではない他の方法では資格を取得して得意分野の仕事を行う事です。学校を卒業してしまってからは難しいことは確かです。

 

好きな分野で独立するのは難易度が高いのであまりおススメはしません。

 

ただ好きな仕事を毎日行えるなら、精神的には安定して毎日を過ごせる可能性は高いです。

持ち運びできる仕事

都会の通勤ラッシュが苦手で地方にあこがれても、仕事は辞めなくてはならないと、思いとどまる人は多いです。

 

特に順調に現在の地位を獲得した男性会社員は、今までの努力がリセットされてしまう可能性があるので無理もありません。

 

リセットされてしまうのは、仕事だけではありません。新しい住まいを探さなければなりません。

 

多くの方は、仕事と住まいは切り離せないはずです。そこには通勤があるからです。

 

それでは、ポータブルスキル(持ち運び可能なスキル)とはどのようなものでしょうか。

 

都会、地方どちらでも必要とされるスキルは建築や介護などは住んでいる地域に影響され無さそうです。特に人手不足の建築関係の技能職に就いている方なら、新天地で活躍できる可能性が高いです。

 

介護の仕事も人手不足に加えて、これからの高齢化社会を見据えると持ち運びできるスキルと言えそうです。

 

インターネットを利用したスキルもある意味ポータブルスキルと言えそうです。チャットレディ、ライター、WEB関連、その他フリーランスの方の多くはパソコンとネット環境があれば仕事の体裁はなんとかなるはずです。

 

入ってくるお金が一緒なら、家賃や生活費が安い、地方都市で仕事をすれば、広い部屋で新しい生活をする事も可能です。生活費が都会よりもかからない分、より多くの貯金を行えるはずです。

 

【完全無料プログラミング研修&就活塾】