からだのニオイ

MENU

ニオイの悩み体験

カメムシ、蝶の幼虫、ムカデなど悪臭を放つ虫を何も知らずに触ってしまい嫌な思いをしたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

敵から襲われそうになると悪臭を放つのは自分自身を守るためです。なぜ臭いなのか不思議に思った事はないでしょうか。

 

それは敵に最もダメージを与えるからだと考えられます。外敵の感覚器官には臭覚以外にも視覚や聴覚などもあります。

 

音で威嚇する動物もいるようですが、どちらかというと少数派です。視覚はどうでしょう。

 

草むらでは目立つ色になったとしても、かえって自分の存在を知らしてしまい無意味です。

 

昆虫の中には、草の色と見分けがつかないようにカモフラージュしているものも多いです。動物ではカメレオンが体の色を変える事で有名ですね。

 

視覚を利用している昆虫として思い浮かぶのが光りを放つ蛍(ほたる)。しかし仲間に自分の居場所にお尻を発光させているのであって、意味合いが異なります。

 

また昼間に光を出したとしても、太陽の日差しにかき消されてしまうので、外敵を驚かせることは難しいものです。

 

悪臭を放つ虫の話に戻します。人間にとって嗅覚は五感の中では特殊な存在です。



悪い臭いはすぐに脳の本能を司る部分に伝えられると言われています。

 

それは、危険な場所から一刻も早く逃げるためです。火山ガスの中には二酸化硫黄などニオイを感じ取れるものが存在します。

 

山を歩いていて、危険な有毒ガスを感じ取れなかったら、命にかかわります。

 

ニオイをいち早く脳に伝えるのはそのような状況から素早く脱出するための体本来が持っているのかもしれません。

 

弱い昆虫は生き残るために生み出したのが悪臭を放つ事ではないでしょうか。敵はその臭いを嗅ぐ事で、近づけなくなり、その昆虫は厄介なので二度と襲わなくなるかもしれません。

 

人間は強いので悪臭は必要ありません。コミュニケーションではマイナスになってしまいます。悪臭は目には見えないので対策は難しいもの。

 

しかし、今は魅力的な消臭関連商品や香水が販売されているので自分自身のニオイに悩んでいる方もそれ程心配はいりません。

口臭の悩み

口臭の悩みは原因が口の中にあるなら、歯磨きなどで簡単に防ぐ事ができます。

 

しかしいくら歯を一生懸命磨いても臭うなら、原因は別の所にあるかもしれません。
口臭治療予約
バイオクリニックなら、精密検査を行い、原因どこにあるのかを調べ、対策法も指導してくれます。

 

駅から徒歩1分、土日も診察。個室があるので安心してカウンセリングや診察を受けることが出来ます。

 

初回のカウンセリングと簡易測定位は無料です。口臭が気になる方は無料カウンセリングだけでも受けてみると安心です。

わきがの悩み

ワキガは自分でもニオイを感じ取ることができ、ケアの方法も様々です。

 

ロールオンタイプの消臭剤を塗ったり、消臭スプレーを吹き付けたりするのが一般的です。

 

しかし汗を防いだり殺菌するだけでは根本的な解決につながらない事もあります。

 

わきが専用デオドラント【ラポマイン】では保湿に注目。

 

肌を乾燥させると自分の肌を乾燥から守るために余計に皮脂の分泌が活発になってしまうとの事は意外に知らない方も多いのではないでしょうか。

 

ラポマインは保湿、殺菌、制汗の3つでわきがをケアしていくうるおい系の制汗デオドラントです。