都心に住むならプライバシーを重視したシェアハウス

住まいと仕事はどちらか片方だけ探すよりも、同時に二つとも見つけることの方が見通しが明るいです。

 

地方から上京する際にネックになるのが、高額な家賃と仕事探しです。

地方に比べ高額な都心の生活費

地方に比べると、車なしでも十分生活できる都心での便利な暮らしで気をつけたいのが、生活費全般が高い点です。

 

その際たるものが家賃です。

 

首都圏で賃貸物件を探していた時、不動産屋さんに言われたのが、

 

「初期費用は家賃の6か月分くらい見積もってください」

でした。

 

7万円の家賃なら、初期費用は56万円ほどかかる計算です。

 

これらの初期費用を支払うために貯金をするのは、結構大変です。毎月5万貯金するとして、約11ヶ月期間がかかってしまいます。

貯金なしで上京するなら仕事探しが必須 それをサポートしてくれるのがTokyoDive

1年近くも待てない、毎月5万円も貯金が出来ないなら、別の方法を考える必要があります。

 

入居審査で有利なのは、なんといっても仕事をしているかです。しかし遠くから上京するとなると、思うように就活がすすまない可能性があります。

 

そこで便利なのが、上京と同時に仕事探しを行ってくれる無料サービス。

 

TokyoDiveは人材派遣事業や有料職業紹介事業を行っている株式会社アプリの仕事と住まいの同時提供サービスです。

 

仕事と住まいを同時に探すのは、首都圏に住んでいるとしても大変。それが遠方からとなると気の遠くなるようなエネルギーが必要になります。

 

もちろん、田舎からどうしても出なくてはいけないなど、事情がある方ならそれをバネに二つの困難を克服できるかもしれません。

 

しかし、それほどの熱い気持ちがなく、なんとなく都会で暮らしたいと思っているなら、自力で対処するのは気が遠くなることです。

 

仕事と住まいは相性が良く、どちらか一方を探すよりもむしろ簡単かもしれません。

 

それは、大家さんがもっとも気にするのが家賃の滞納だからです。大家さんが家賃の収納などを管理会社に依頼する時は、管理会社から毎月明細が送られてくるのが一般的です。

 

大家さんの多くは、その明細にある滞納の有無を最初に確認するはず。そして滞納がなければホッと一息つくもののようです。

 

このような理由から、大家さんや不動産会社は入居者がしっかり家賃を支払う能力があるかを、仕事内容などで判断しているのです。

 

次に仕事単独で探すことを想像してみます。企業にとって採用する人がどこに住んでいるかは、本人の能力以前の問題で、書類審査で住所が都内以外なら、採用をためらう可能性があります。

 

書類審査を通過したとしても面接では、本当に東京で住まいを確保できるか確認されるはず。

 

予定していた物件が審査落ちしてしまったら、せっかく入社が決まりかけても就活の努力も水の泡になってしまいます。

 

反対に、仕事が決まれば入居審査もスムーズに行くはずで、住まいが都内にあれば、面接~入社もスムーズに進むはずなのです。

TokyoDiveのポイントは遠方では対処しづらい、就活と住まい探しをあなたに代わって行ってくれる所です。

 

しかも登録や、サービスを利用するにあたっての料金はかかりません。

 

仕事探しで費用がかからないのは、有料職業紹介事業では就職希望者からではなく、採用企業が費用を負担する仕組みになっているからです。

 

有料職業紹介事業は民間版ハローワークとも言われています。そういえば、ハローワークなら無料で利用できますね。

 

ただ、住宅に関しては初期費用はかかりませんが、毎月の家賃はかかります。

 

住宅は一人暮らしと交流が楽しめるシェアハウスの2通りのライフスタイルを選ぶことができます。

 

どちらも

  1. 敷金・礼金・仲介料が無料
  2. 全て家具・家電付き
  3. 保証人不要

なので地方から引っ越しされる方もスムーズに、東京に活動拠点をしっかり築くことができます。

 

知り合いが誰も居ない状態なら、シェアハウスがおすすめ。女性専用物件や外国人が住んでいる物件もあるので、目的に応じて選ぶと一人暮らしよりもメリットがあるかもしれません。

 

TokyoDiveで紹介してもらった仕事が軌道に乗るころには、ある程度貯金も出来ているかもしれません。

学生さんなど部屋にほとんど居ないならシェアハウスの選択肢も

平日は学校、夜はバイト、昼は学食、夜はバイトの賄い(まかない)という生活パターンなら、家に居るよりも外に居る時間の方が長いかもしれません。

 

自宅で料理を作らなければ、キッチンも不要なので、間取りは1KでなくてもOKの方も珍しくはないでしょう。

 

このような多忙で自宅にほとんど居ないなら、都内で立派な賃貸マンションに住まなくても十分です。

 

都内で2~3万円台の家賃&初期費用1万円ポッキリで、プライベート空間を手に入れることが出来るのが新しいタイプのシェアハウスです。

 

新しいタイプのシェアハウスは

  1. 入居費用は1万円
  2. 敷金、礼金、仲介手数料0円
  3. 水光熱費込み
  4. 生活備品は定期的に補充
  5. 全室カギ付き個室
  6. 即入居可能
  7. 家具家電つき
  8. モニター付きインターホン標準装備
  9. 警備会社による安心の警備
  10. 緊急時にはスタッフも24時間対応

自宅を空ける機会が多いアクティブな人にとっての心配は、留守中のセキュリティです。

 

新しいタイプのシェアハウスは大手警備会社によるセキュリティ体制が整っているので、飲み会から海外旅行まで気兼ねなく楽しむ事ができます。

まとめ

都内で高い物件を借りるとなると、かならずどこかでしわ寄せが出てきてしまいます。

 

あえて、安い家賃の部屋を借りて、趣味や仲間や恋人との交流にお金を費やす方が若い方にとっては、自分への投資という面でも理想的です。

 

高級分譲マンションやタワマンは働きだしてからでも遅くはありません。