濃いひげの悩み

MENU

濃いひげの悩み体験

毛と言っても人によってイメージする部分が異なるのと同じく、ヒゲも男女でイメージが大きく異なるのではないでしょうか。

 

ヒゲをほとんど処理したことが無い女性なら、男性の伸ばしたヒゲに男らしさを感じるかもしれません。

 

一方、ヒゲを毎日処理している男性にとっては、「何でこんな苦労を毎日しなくてはいけないのか」と厄介者のように思っているかもしれません。

 

濃いひげが、薄い頭頂部に生えてくれたらと思うことは多いです。生えて欲しい所が無くなって、生えて欲しくない所に毛は生えてきてしまうのが悩みの根本です。

 

親父の遺伝と思いますが私は髭が濃いです。

 

朝4枚刃の電気シェーバーで念入りに剃っていても夕方には薄っすらと髭が伸びてきてしまいます。(髪はなかなか伸びないのに もかかわらず)

 

髭は前日のお風呂の時間に剃るという男性の方も多いと思いますが、私には考えられません。

 

シェーバーは最新式の有名メーカー製のものを使用してはいますが、完璧に剃る事は現時点では難しそうです。

 

髭が濃い事の悩みはやはり異性関係に自信が持てないのと、電車内などで自分を見かけた男性が、薄毛の悩みでも既述したように、自身の顔を撫でて、安心感を得ているような仕草をする男性がいる事です。

 

シェーバー代も馬鹿になりません。電気シェーバー自体が2~3万、替え刃が内刃は1年に一回 、外刃は2年に一回交換するようにと取扱説明書には謳われています。

 

その値段が高い事・・・。内刃と外刃のセット3個分の値段で本体が購入出来てしまう様な金額です。



なので本気でメンズエステで髭の脱毛を考えた位です。

 

ヒゲに関しては以前はピンセットで一本一本抜いていたこともあるのです。

 

毛抜きは、なんといっても痛いのと、抜いた後余計に太くなった気がしたこと、さらに皮膚の色が変色してしまったことから今は特に対策はしていません。

 

それにしてもひげの悩みの解消は薄毛に比べたらはるかに楽です。家を立て替えた方はご存知かもしれません。

 

取り壊すのはとても早いです。それに対して新築の家を一から建てるのは時間も手間もかかります。

 

ヒゲの脱毛は取り壊しで、薄毛の育毛は新築建設に例えると大変さの違いがわかるのではないでしょうか。

 

ヒゲに関しては昔に比べたら、悩みを解消できる可能性が増えているのを感じます。最近になって痛みが少ない最新レーザー脱毛器も登場しています。

 

ただし、時間とお金がかかります。青ひげのように濃いひげなら通常の5回コースでは終わらないと考えて間違いありません。

 

さらに、レーザー脱毛では白髪には仕組み上効きにくくなっているのです。

 

髭に白髪が多くなっている中高年以降の方は一本一本ひげを抜くメンズTBCなどを利用していく方法もあります。

 

剃っても剃ってもまた生えてくるヒゲ剃りは、掃除してもすぐ溜まるフローリングの掃除と似ています。

 

人間はその行為の意味を見いだせないとなかなかやる気が湧かないものです。

 

メンズ脱毛ならラ・パルレ